“巣ごもり劇場”楽しもう チケット入手困難な公演もネット配信

公開日: 

開発費約1000万 毎日が給料日!?バイナリーオプション音声シグナルツール

“巣ごもり劇場”楽しもう チケット入手困難な公演もネット配信

4/14(火) 11:58配信

産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全世界で外出禁止や“自主隔離”が呼びかけられる中、外出しなくても自宅で一流の舞台が楽しめるサービスが提供されている。“巣ごもり”を余儀なくされている人たちを応援しようと、主催者側や劇場などがユーチューブなどで公演などを無料公開。普段はチケットが高価だったり、手に入りにくかったり、なかなか見られなかった公演を、この機にぜひ楽しんでみてはいかが。(水沼啓子)

【写真】オペラ「エウゲニ・オネーギン」も無料配信

■昼・夜全演目を無料公開

 松竹では現在、京都・南座で収録されたスーパー歌舞伎II(セカンド)「新版 オグリ」の舞台映像をユーチューブの松竹チャンネルで配信している。

 市川猿之助が小栗判官を勤めたフルバージョン版と、中村隼人が小栗判官を勤めた舞台のハイライトエディションがある。宙乗りや本水(ほんみず)による迫力ある舞台が楽しめる。公開は19日まで。

 また、新型コロナ感染拡大予防のため公演が中止となった東京・歌舞伎座の「三月大歌舞伎」の昼の部、夜の部の全演目を17日から26日まで同チャンネルで無料公開する。

 昼の部の演目は「雛祭り」、中村吉右衛門、片岡仁左衛門、中村梅玉の顔合わせによる「新薄雪物語」。夜の部は松本白鸚が名将、梶原平三景時を勤める「梶原平三誉石切」、舞踊劇「高坏(たかつき)」、白鸚と松本幸四郎親子が共演する「伊賀越道中双六(すごろく) 沼津」。

■「客を思い描き演じた」

 東京・国立劇場も今月30日までの期間限定で、上演中止となった3月歌舞伎公演「義経千本桜」を無観客で収録し、ユーチューブの同劇場公式チャンネルで無料公開している。

 公演は原作の二、三、四段目を、Aプロ「鳥居前・渡海屋・大物浦」、Bプロ「椎の木・小金吾討死・鮓屋」、Cプロ「道行(みちゆき)初音旅・河連法眼館」と3つのプログラムに分けており、各プログラムごとに視聴できる。

 「義経千本桜」の舞台で「平知盛」「いがみの権太」「忠信・源九郎狐」の三役を勤めた尾上菊之助は、「お客さまが全くいらっしゃらない客席を前に、しかし、カメラの向こうにお客さまがいらっしゃることを思い描きながら、精いっぱい演じましたので、インターネットでお楽しみいただけましたら幸いです」と、同劇場の公式サイトにメッセージを寄せた。

■魔笛、トゥーランドットも

 一方、新国立劇場でも“巣ごもりシアター”と称して、過去のオペラ公演の記録映像を無料で配信。モーツァルト不朽の名作「魔笛」は17日午後2時まで視聴可能だ。

 続いて「誰も寝てはならぬ」で有名なプッチーニの傑作「トゥーランドット」は17日午後3時~24日午後2時まで、チャイコフスキーの「エウゲニ・オネーギン」は24日午後3時~5月1日午後2時まで配信予定。いずれも日本語字幕付き。

 また、3月のバレエ公演を中止し、現在レッスンやリハーサル活動も休止している「Kバレエ カンパニー」でも、ユーチューブのKバレエチャンネルで「海賊」の抜粋映像などを公開している。

 すでに配信は終了してしまったが、バレエ公演の中止を受け、過去に収録された熊川哲也芸術監督出演のローラン・プティ振り付け「若者と死」の全編が公開され、バレエファンの間で「粋な計らい」と話題となった。

引用:“巣ごもり劇場”楽しもう チケット入手困難な公演もネット配信




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

©2020 ダイエット野菜スープで脂肪燃焼