人間国宝★金重陶陽 手鉢★備前/骨董/希少/皿/古美術

公開日:  最終更新日:2015/07/10

人間国宝★金重陶陽 手鉢★備前/骨董/希少/皿/古美術
人間国宝★金重陶陽 手鉢★備前/骨董/希少/皿/古美術


>>この商品に関する詳しい情報はこちらから<<

この商品説明は オークファン出品テンプレート集 で作成されています。
Powered by aucfan.com
 + 商品説明 +  【金重 陶陽】(かねしげ とうよう、1896年(明治29年)1月3日 – 1967年(昭和42年)11月6日)は岡山県出身の陶芸家。
備前焼の陶工として初めて人間国宝となった。本名は金重 勇(かねしげ いさむ)
江戸中期以降、伊万里焼や九谷焼などに押されて人気を失っていた備前焼を再興させることに成功し「備前焼中興の祖」と称される。
自らが優れた陶工であっただけでなく、多くの弟子を育て、その中から次々と人間国宝を輩出するなど備前焼の歴史上果たした功績は計り知れない。
陶陽の弟の金重素山、長男の金重道明、三男の金重晃介もそれぞれ陶芸家である。
【略歴】1896年 窯元金重楳陽の長男として和気郡伊部村(現在の備前市伊部)に生まれる。
桃山時代の備前の復興にとりくみ、「備前焼中興の祖」とも呼ばれる。東京国立近代美術館や京都国立近代美術館に作品が収蔵されている。

>>この商品に関する詳しい情報はこちらから<<

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

©2020 アンティーク、コレクション