刀剣赤坂鍔  鉄地雪持竹透鍔 保存刀装具鑑定書附美品

公開日:  最終更新日:2016/02/10

刀剣赤坂鍔  鉄地雪持竹透鍔 保存刀装具鑑定書附美品
刀剣赤坂鍔  鉄地雪持竹透鍔 保存刀装具鑑定書附美品


>>いつもご来店ありがとうございます情報を見るにはこちらから<<
商品名       赤坂鍔 鉄地雪持竹透鍔 保存刀装具鑑定書附     商品の寸法    外寸  縦65ミリ 横61ミリ 厚さ5ミリ   商品の由来   京都の道具商、雁金屋の吉兵衛という人が、店番をしながら、鍔の下絵を描き、 職人に鍔を作らせたところ、図柄がよいと評判になり、その後、徳川家康が、これらの雁金屋一門を江戸に招聘し、赤坂村に住まわせたことから、赤坂鍔の歴史が始まる、 当初は、分厚い無骨な透かし鍔が多かったのであるが、時代が進むにつれ、 鍔は薄く変化し、精錬された作りとなり、 江戸の町以外にも、全国の武士から珍重され当時は随分と高価な鍔として取引され、 高価なため、長州、土佐、越前などでも、模倣の作品が生産されている。       商品の説明     出品の作品は、 江戸時代の元禄時代以後の赤坂鍔としても保存刀装具鑑定書がつけられた、精錬した雪持竹透の図の鍔、 この図柄で、4代目の初代忠時の作品があり、その図の系統の作品と鑑せられる。おそらく脇差しか、幕末の突兵拵の鍔には、ちょうど良さそうで、角型の品の良い作品である。 桐の鍔箱と保存刀装具鑑定書が附属している。     取引の条件 【必ずお読みください。】   消費税はかかりません。   ゆうちょ銀行支払い対応   ヤフー簡単決済対応  手続き後、6営業日後の入金が確認されてからの発送となります。   通常の通信販売と違い、オークションの落札手数料の請求が来るため、返品が出来ません。熟慮して、画像をよく見て、入札してください。   落札手数料 出品者負担。    送料510円郵便局のレターパック、落札者負担。   出品者の他の商品を落札して、同じ金額での同封発送が可能です。送料の節約になりますので、よかったらご利用ください。

>>いつもご来店ありがとうございます情報を見るにはこちらから<<

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

©2020 アンティーク、コレクション