名工 吉岡因幡介 麒麟 縁

公開日: 

名工 吉岡因幡介 麒麟 縁
名工 吉岡因幡介 麒麟 縁


>>長い間お世話になりました残念ですがヤフオクは終了です<<
名工 吉岡因幡介 麒麟 縁
日本刀の歴史に大きな貢献をし作風も大胆で、かつ繊細に 見る者、使う物に大きなインパクトを与え 機能美の上に斬新なデザインを加えた他を隔した独特の印象を持つ家系で 後藤家、平田家、そして徳川幕府に御用を納める名門であり 私の最も憧れる古き日本の刀文化を語るに欠かせない銘・ブランドである背丈は5mもあり、牛と馬の特徴を持ち性格は非常に温和で殺生を嫌い歩む足元の虫さえ避けて通ると言い伝えられ1000年の長寿を数え歩いたヒヅメの跡は真円となり、曲がる時は直角に歩を成し死骸に出会うと不吉とされた、神聖な生き物とされ東西南北を司る鳳凰、亀、龍と共に四霊とされ育成の徳を司る事により天に由来する五つの徳「仁・礼・信・義・智」の義の神五徳とは道徳の基本で義とは利欲にとらわれず、なすべきをする事かの孔子が生まれる時に現れ、周の衰退に関わる素王であると告げたその言い伝えから権力や富の象徴とも扱われた雌雄には区別があり麒はオス麟はメスとされ殺生の目的あらず、人の道を説く武士道を介し利欲にとらわれず、なすべきをする事と解され古来の日本刀の武具にも、多く活用された
1500年代から始まる系譜で初代「家次」が慶長に徳川家康に召し出されてから2代「重吉」・3代「重長」・4代「重広」・5代「易次」・6代「清次」・7代「照次」8代「宗次」そして幕末の1868年を境に「重貞」まで9代を数え現在は東京台東区上野あたりに、家系末裔が9代重貞の銘を引き継ぎ職業こそ違えど、正統な家訓を継承し、500年以上の長き伝統を持つ名家である徳川家斉(いえなり)1800年頃の吉岡因幡介の代で7代目「照次」あたりの作ではなかろうか寛政の改革・・時代はまさに黒船を中心に明治文化の息吹に翻弄され度重なる諸政治対応で出費もかさみ、浅間山噴火から始まる東北地方を中心とする天明の大飢饉を引きずる財政圧迫そんな時代の中で作られた逸品まさに218年の時を超え、今、錆びこそあれど現役バリバリで すぐに役に立ち、表情の陰りも微塵にない名品である縁金具のみ  縦3.9センチ 横 2.45センチ 高さ 1.2センチ同ナカゴ穴 縦 2.7センチ 横 0.8センチ 重さ 20g いずれも約です縁内側の写真に黒い筋が見えますが、ひずみ、割れ、はがれは一切ありません目貫箱はありません中古品に関しましては、時代物としてのスレ・ヘコミ・汚れ・小キズ・が見られます。そういった時代感を気になさる方は今一度画像をご覧頂き熟慮して頂ければ幸いにございます
これらの理由によるご返品・キャンセルはお断りさせて頂きます。上記をご承知の上ご入札を頂けますようお願い申し上げます。<注意事項>
●中古の為、キャンセル/返品はお受けしておりません。
●モニターにより実際と色が異なる場合がございます。

>>長い間お世話になりました残念ですがヤフオクは終了です<<

に関する商品を探す

格安トラベルを探す

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

©2020 アンティーク、コレクション