バーボン讃歌 108本完全試飲米国巡礼旅定 定価2,900円

公開日: 

バーボン讃歌 108本完全試飲米国巡礼旅定 定価2,900円
バーボン讃歌 108本完全試飲米国巡礼旅定 定価2,900円


>>長い間お世話になりました残念ですがヤフオクは終了です<<
ガキの頃より、西部劇で「酒はストレート」と洗脳され、往年のハードボイルド小説の主人公や文豪、銀幕のスター等から酒の酸いも甘いも噛み分けた二人の酒飲み(著者)。
そんな二人が米国漬けだった青年期から壮年期の自らを省みる意味も込め、ケンタッキー州とテネシー州のマップを片手に渡米し、主要なアメリカンウィスキーの蒸溜所は元より、近年隆盛を極めるクラフト蒸溜所やクーパレッジ、スチルメーカーにまで足を運び、延べ10日間で欲張りにも25ヵ所の取材を敢行しました。
人種、宗教、言語、習慣、そして味覚さえも異なる人間の集合体である移民の国、アメリカ合衆国。
厳しい気候風土で生き抜くため、トウモロコシというヨーロッパには無かった穀物を主原料に、スイート、サワー、ビター、ウッディ、フェインティと、毅然と主張する「バーボン」と呼ばれるウィスキーが誕生した背景を皮切りに、現在のアメリカの蒸溜所事情や蒸溜所を訪ねるための情報をまとめました。
もちろん、スコッチウィスキーの二冊において賛否両論(罵詈雑言!?)を巻き起こしたインプレッションに関しても、メジャーからマイナーまで、各蒸溜所がラインナップするアメリカンウィスキー108本を総て購入し、丸々一本を空けることで嘘偽り無く、素直に感想を書いています。
●序文
●地図
●バーボン考 ―アメリカンウィスキーへのいざない―
●バーボンとはグレーンウィスキーである事 ―実像のバーボン―
●「禁酒法」と「ケンタッキー」の意外な話

>>長い間お世話になりました残念ですがヤフオクは終了です<<

ウイスキーに関する商品を探す

格安トラベルを探す

< ?php wp_link_pages(); ?>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

©2020 【auデコレーションメール】を使おう!